So-net無料ブログ作成
検索選択

アルファロメオ 916DAY [アルファロメオ]

今日Mahalo!さんから連絡が来て、916DAYに行くことが、決まったとのこと。

それで、Mahalo!さんたちとどこかで合流してから、一緒に行くことになった。

近いうちに彼のブログに詳細が載ると思うので、もし合流できる人は一緒に行きませんか?

みんなで楽しく、浜名湖に行きましょう!

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。50台くらいで合流しましょう(全部でもそんなに参加しないのに?)


久しぶりの中華街 [グルメ]

久しぶりに知人と中華街に夕食を食べに行った。

行った店は中華街の石川町から入ってすぐの華勝楼。

ここは、父親に連れられて、私が幼稚園のころから通っている店である。

ここで出される料理は京蘇料理である。

今どきの、中華街の店にしては珍しく、店の前にサンプルや写真を出していないし、ドアも自動ドアではない。

お客さんが入るときには、店の人が、いちいちドアを開けてくれる。

知らないとちょっと敷居が高そうな店なんだけど、スタッフはみんな気さくな人ばかりである。

P8260928.JPG

個室を取ったので、静かである。

中華といえば、まず紹興酒。

P8260934.JPG

料理は前菜から始まった。

P8260936.JPG

そして、フカヒレのとろみ煮

P8260937.JPG

続いてタラバ蟹爪の揚げ物

P8260939.JPG

そして車海老のチリソースと芝海老に塩味炒めの盛り合わせ

P8260943.JPG

次は海鮮三種の黄韮炒め

P8260947.JPG

そしてやっぱり北京ダックでしょう!

P8260945.JPG

最後は、魚の素揚げ特製ソースかけ

P8260948.JPG

そしてデザート

P8260949.JPG

おいしかった。

あっという間の時間だった。

何を隠そう、この店は私がWifeにプロポーズした店なんだ!!(これ内緒ね!)

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。中華の食べ過ぎで、また太っちゃいます。


スパイダー車検 [アストンマーティンメンテナンス]

実は、スパイダーの幌がまた動かなくなっちゃった。

ちょうどタイミングが車検と重なったので、アルスポルティーバに車を持って行って、車検と幌の調整をお願いした。

9月16日には、916DAYがあるので、それに間に合わせなきゃ。

P8260922.JPG


六本木ヒルズ盆踊り [イベント]

Co-suke君から連絡があり、24日から26日まで六本木ヒルズで盆踊りがあり、Sa-yaさんがアルバイトしているイタリアンレストンランのアンディアーモが屋台を出すんだって。

それで、24日と25日はSa-yaさんが浴衣姿で、屋台に出るって聞いたので、24日にWifeと行ってきた。

24日は前夜祭なので、盆踊りはやっていなかった。

六本木ヒルズに7時ころに着くと、うわ~、すごい人。P8240904.JPG

P8240905.JPG

屋台がいっぱい出ているんだけど、あ、アンディアーモあった。

P8240913.JPG

中をのぞいてみると、いたいた、浴衣姿のSa-yaさんが。

浴衣姿のSa-yaさん、かわい~~~~~~~~い!!!!!!(すみません、年甲斐もなく。でも可愛かったので)

P8240910.JPG

ビールとチキンをたのんで、雰囲気を楽しんで、帰りました。

残念ながら、お客さんが多かったので、Sa-yaさんとはあんまり話はできなかった。

次はアルファロメオ916DAYで会いましょう!

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。916DAYにSa-yaさんが浴衣姿で来ます(クリックいっぱいだと、本当に浴衣で来るかも??)


行こう! 916 DAY [アルファロメオ]

9月16日に、アルファロメオの916系のイベントである ALL JAPAN 916 DAYが開催されます。

例年は琵琶湖での開催で、距離的に遠いので行けなかったんだけど、今年は浜名湖の会員制リゾートホテルである「グランドエクシブ浜名湖」で開催されるということなので、今回はトミーも参加することにした。

916系(GTV, スパイダー)に乗られている方、是非一緒に行きましょう!
参加記念品も出るみたい。
詳しくはここ[↓]

http://carcle.jp/UserEvent.aspx?UserID=1837


トミーの旅館比較 [温泉・旅館]

今回は少し長いです。
温泉や旅館に関心のある方、読んでみてください。
私は、小さい頃から両親に連れられて、箱根や伊豆によくいったものだ。
そのために、私も温泉は大好き。
でも、日帰り温泉はまず行かない。やはり温泉は宿泊したくなるから。
理由は簡単、旅館で酒を飲みたくなるからである。
今旅行シーズンなので、ここで最近私の泊まった旅館とリゾートホテルの紹介をしよう。
私達の旅館選びの基準は、基本的に貸し切り露天風呂か部屋に露天風呂がついていることと、その風呂が温泉であること(大風呂は温泉だけど、貸し切り風呂やへやの風呂は温泉ではなく、ただの水である旅館は結構多いです)。
このブログを見ている方の、旅館選びに役立てば幸いです。
ただし感想は、あくまで私個人の感想なので、その辺はご承知おきを。(◯とXはあくまで私の好みが基準となっています)。
参考にしたので、みなさんのコメントも大歓迎です。
先ずはやっぱり箱根から

☆ 匠の宿 佳松(箱根)
芦ノ湖畔にある気さくな女将がいる旅館。
全室19室のこじんまりとした宿。
質の高い旅館で、大人の雰囲気。
食事も美味しく、外界と隔絶した世界にこもりたい時には、最適な旅館である。
芦ノ湖に近いけど、少し中に入るので、とにかく静か。
建物の真ん中に池があって、風情がある。
大風呂の露天風呂が岩で囲まれて雰囲気があるので好き。
料理は懐石料理で、美味しい。
サービスの質は高いと思う。
X
芦ノ湖から路地を入って行くので、知らないと道がわかりにくい。
景色はあまり良くない(芦ノ湖に近いけど、少し中に入るので、芦ノ湖は見えない。そのために、庭を綺麗に作っている)。

☆ 仙郷楼 別邸奥の樹々(仙石原)
IMG_2021.JPG
箱根から来ると、仙石原の一番奥まったところにある旅館。
元からある本館とは別で、全室露天風呂付きの6室だけの離れ。
本館より宿泊するなら、こちらがお勧めです。
関連記事↓
泉質が硫黄泉(実は私は、硫黄泉の温泉が好きなのだ)。
部屋が広い。
周りが静か。
部屋に向かう廊下がガラス張りで、明るく開放感がある。
部屋についている露天風呂が非常に大きく、庭を見ながら入ると、最高。
本館にある大風呂の露天風呂が非常に風情がある。
料理はボリュームがあり、非常に美味しい。特にローストビーフは美味しいと思った。
X
ロビーは本館にあり、建物が少し古い。
大風呂に行く途中が、建物が古いために、少し汚い。
(ただしこれは、風情があるという表現もできるし、私はあまり気にならないので、個人的には、Xではないかも)

☆ 武蔵野別館(宮ノ下)
IMG_0023.JPG
評判が高い宮ノ下にある吟遊と同じ経営。
吟遊がアジア風なのを売り物にしているのとは対照的に、純和風の旅館だ。
最近リニューアルされたが、私が泊まったの、リニューアル前だったので、その時の感想です。
今は変わっているところがあると思います。
特にここがすごいということはないが、平均してバランスの取れたいい旅館だと思う。
ただ、貸し切り露天風呂は圧巻。山の中の自然の中にあるような露天風呂は、とても気持ちがいい。
露天風呂はいくつかあるが、中には箱根登山鉄道の近くにあり、電車の音を聞きながら、入ることできる露天風呂もある。
建物も山に囲まれていて、気持ちがいい。
X
建物が古いために、段差があるところが多く、年寄りには少しきつい(リニューアル後は変わったと思うけど)。
露天風呂までのアクセスが、山路を歩くので、暗くなると注意が必要。

☆ 早雲閣(強羅)
強羅から山をのぼり、箱根登山ケーブルカーの早雲山駅から徒歩約2分というところにある。
2010年にリニューアルオープンをしたが、私が泊まったのは、その前なので、その時の感想です。
特に特筆すべきところはない旅館です。悪い旅館ではないけど、多分もう行くことはないかな。
強羅からさらに上に登ったところにある旅館なので、夏でも涼しい。
近くには早雲山駅しかないので、静か。
旅館の前が開けているので、開放感がある。
X
建物が古い
貸し切り露天も部屋付き露天風呂もない
(リニューアル後は、部屋付き露天風呂があるようです)。
食事は特筆すべきことはない。他の旅館に比べると少し落ちるかな。

次ぎは伊豆
☆ ニューさがみや(熱海)
IMG_0988.JPG
湯河原から熱海に海沿いの道にある旅館。
経営が大塚商会なので、女将がいない。
チップを出す必要がないのは気楽でうれしい。
食事は基本は食事処で食べる。部屋食も選べるようだ。
眺めは抜群、旅館の前には海しかない。視界には海しか入ってこない。
貸し切り露天は3ヶ所あり、すべて前は海。予約をする必要がなく、空いていればいつでも入ることができる。
企業が経営しているので、変にかしこまった所がない。
旅館のサービスが過剰に感じる人には、自然なサービスでいいかも。
X
逆に、旅館の前には海しかない。夜になると、海の音だけで真っ暗。これは完全に好みが分かれると思う。
華やかさを求める人には合わない旅館。
いわゆる旅館のサービスを求める人には物足りないかも。
☆ WA亭 風こみち(熱海)
IMG_1221.JPG
インターネットで評判が良かったので泊まってみた。
元はどこぞの会社の保養所だったところを改装して、旅館にしたのだとか?
高台にあるので、眺めはいいが、廊下などに古い保養所の時代のなごりがあったり、ソフト面が宿泊料金に見あっているとはいいがたく、コストパフォーマンスを考えると、うーん?という感じです。
関連記事はここ↓
高台にあるので、熱海の街並みと海が見えて眺めはいい。
部屋付きの露天風呂は石でできていて、面白い。
料理は創作料理で、献立は色々工夫をされている。
X
アクセスが悪い。旅館に上がる道が細くてわかりにくい。
部屋の中はいいんだけど、部屋から出ると、料金の割には、安普請。
スタッフのレベルがどうも。ソフト面がこのランクの旅館にしては物足りない。
☆ ふきや(湯河原)
IMG_0844.JPG
湯河原の高級旅館。
インターネットで評判が高かったので、泊まってみた。
さすがの雰囲気。
露店風呂も結構よかった。
関連記事はここ↓
◯ 
ロビーから始まり、部屋まで全て質感が高い。
サービスもさすが高級旅館という感じ。
食事は流石に美味しかった。
部屋付きの露天風呂もいいけど、貸し切り露天風呂が又いい。開放感があり、眺めもいい。
大風呂から上がると、生ビールのサービスがある。調子に乗って4杯も飲んじゃった。
全体的に清潔感がある。
X
車寄せが狭いのと、通り抜けができないので、玄関に車を着けようとすると、バックで坂を登らないといけない。
湯河原という場所なのでしょうがないいもしれないが、部屋からの眺めは、決していいとは言えない。
部屋から見えるのは、工事現場、家、道路。旅館そのものの質が高いだけに、少し残念。
それ以外の関東
☆ 山楽(鬼怒川)
IMG_1658.JPG
鬼怒川は最近閉鎖する旅館が多い中、頑張っている旅館なので応援したい旅館の一つだ。
そんなに新しい旅館ではないけど、結構綺麗に保っていると思う。
雰囲気、サービスともに古いタイプの旅館だが、懐かしいタイプの旅館で、スタッフの一生懸命さが伝わってきて、気持ちよく泊まることができた。
関連記事はここ↓
玄関の前が広く気持ちがいい。
ロビーも広々としている。
食事は普通の旅館食だが、悪くはない。
スタッフがお客様にために一生懸命なのが伝わってきて、非常に好感が持てた。
X
良くも悪くも、昔からあるタイプの旅館。
部屋付きの露天風呂と貸し切り露天風呂はない。

◯  花の坊 (四万温泉)
IMG_0009.JPG
4万の病に効くといわれる温泉が出ることから、この名前がついた。
山間いにある静かな温泉。
上に行くとダムがある。
温泉街は、静かで、古い店が立ち並んでいる。
◯ 
静か。
近くににダムがあり、そこから四万温泉が一望できる。
小さな温泉街があり、そこを散策すると、昔の温泉街を堪能できる。
お湯は、とても気持ちがいい。さすが、評判だけある。
X
コマーシャル化があまりされていないので、地味な感じがする。(この辺は好みが分かれるところ)。
その他の地域
☆ 秀峰閣 湖月(河口湖温泉)
IMG_1171.JPG
河口湖にある旅館。
部屋からは河口湖と富士山が一緒に見える。眺めは最高。
リピーターになりたい旅館。
関連記事はここ↓
とにかく眺めがいい。河口湖の後ろに富士山が見える。
部屋がとにかく広い。
部屋付きの露天風呂からも河口湖と富士山が一望。
露天風呂の他に足湯まである。
部屋の外に広いバルコニーがあり、大きいソファーまで置いてある。
食事はボリュームたっぷり。
スタッフはフレンドリー。
X
特にこれと言ってない。

☆ 小瀬温泉ホテル(小瀬温泉)
749C0165.JPG
軽井沢から白糸の滝に行く途中にある1軒宿。
軽井沢で最初の温泉が出たところで、最初は湯治場だったようだ。
軽井沢から少し走っただけで、こんなに山奥に来るんだという感じ。
とても静かで、湯量の多い温泉です。
貸し切り露天があるが、湯温が高いので、入るのにはちょっと時間がかかる。(結構大変だった)
部屋の前には小さな川が流れていて、その向こうには小さな道が。
山の中の一軒宿と言った感じ。
食事は、食事処(と言うより食堂)で食べる。一品ずつ出てくる懐石料理ではなく、一度にテーブルに並べるタイプ。
旅館には珍しくラム肉が出てきた。私はラム肉が大好物なのでうれしかったが、一般的にはどうだろう。
部屋は通常の部屋と、リニューアルされた部屋があるが、通常の部屋は結構古く、泊まるならリニューアルされた部屋がお勧め。
関連記事はここ↓
風情がある山の中の一軒宿。とにかく静か。
お湯がいい(けど少し温度が高い)
スタッフの人が気さく(雰囲気としては、民宿的)
X
リニューアルされた部屋以外は古い。
料理が一度に並べられるんだけど、冷たくなっているものがある。
露天風呂のお湯の温度が高いので、なれるのに時間がかかる。
auとSoftBankは繋がらない。インターネットも使えない(DoCoMoは試さなかったが)

☆ つつじ亭(草津温泉)
749C0344.JPG
雑誌のLEONの2011年12月号にアストンマーティンとつつじ亭のコラボが載っていて、それ以来、一度泊まってみたかった。
草津温泉だが、湯畑からは少し距離があり、所謂草津温泉と言う感じではない。
5000坪の敷地に、10部屋のみという贅沢な造り。露天風呂付き離れに泊まった。
関連記事はここ↓
◯ 
とにかく広い。ずーっと見える景色が、全てこの旅館の庭。
料理自慢というだけあって、流石に料理は美味しい。
静かな環境で、ゆったりとすごすことができる。
X
敷地が広大で、ずっと庭なので、景色的には少し退屈。
湯畑まで距離があるので、草津らしさを堪能したい人には、不向き。
建物は、少し古いかな。
☆  万平ホテル(軽井沢)
749C0515.JPG
言わずとしれた、日本を代表するクラシックホテル。
軽井沢の奥まったところにあり、雰囲気は抜群にいい。
エントランスが少し狭いのが難点。
一番奥の角部屋に泊まったが、静かで、バルコニーからの眺めも落ち着く。
スタッフのレベルも高く、サービスは素晴らしいと思った。
食事は洋食にしたが、やっぱりこのホテルは洋食でしょう。
非常に気に入りました。又泊まりに行きたいホテルです。
泊まる時には、食事の前に、バーで飲んでから行くことを勧めます。
関連記事はここ↓
◯ 
とにかくロケーションがいい。静か。
建物も素晴らしい。
スタッフのサービスも非常にいいと感じた。
歴史の重みを感じるホテルである。
バーテンダーとの会話が楽しかった。バーはお勧め。
X
私的には特になし。敢えて言えば、予約が取りにくい事。

☆ 薫風(蓼科温泉)
209A3081.JPG
アルファロメオディの帰りに宿泊。
蓼科温泉の奥まったところにある旅館。
所謂女将のいる旅館ではなく、男性スタッフが切り盛りしている。
建物は、ロッジ風で、1階のバルコニーが広々としていい。
食事は創作料理で、色々考えて作っている。
関連記事はここ↓
静かなロケーションである。
料理は、それなりに工夫の後が感じられる。
X
落ち着いた感じはあるが、少し地味な旅館。
☆ 裏磐梯高原ホテル(裏磐梯)
IMG_0605.JPG
裏磐梯にあるリゾートホテル。
五色沼の弥六沼の畔にあり、ここから見る弥六沼と磐梯山の眺めは秀逸。
貸し切り露天風呂と部屋付き露天風呂はないけど、展望露天風呂からの眺めは最高。
これだけでも行く価値あり。
部屋は普通の和洋室だが、清潔で、部屋からの眺めもいい。
サービスは、旅館のそれではなく、あくまでリゾートホテルである。
食事はレストランで。和食と洋食が選べる。
関連記事はここ↓
とにかく眺めがいい。ロビーから、露天風呂から、部屋から、全て弥六沼と磐梯山を眺めることができる。
X
部屋は特に素晴らしいということはない。普通のリゾートホテル。

 
☆ 絵かきの宿 福泉(麒麟山温泉)
IMG_0635.JPG
福島県に近い新潟県にある麒麟山温泉の宿(麒麟山という山が近くにある)。
阿賀野川がすぐ前にあり、部屋から見る阿賀野川の景色は、雄大で素晴らしい。
貸し切り露天が、阿賀野川のすぐ横にある。
スタッフは家族的で丁寧なサービス。
ロビーはあまり広くはない。
この景色を見るためだけでも、リピーターになりたい旅館だ。
関連記事はここ↓
部屋から見る阿賀野川の景色は、雄大。
貸し切り露天から見る阿賀野川は、本当に素晴らしい。
X
周りに、閉鎖された旅館が放置されていたり、旅館の周りの雰囲気は今ひとつ。
料理は、創作料理で、美味しいが、多少味付けが甘いような。
☆ ホテルニュー吾妻(佐渡島)
IMG_0339.JPG
佐渡島の相川にあり、日本海側眼下に見える、海岸に建っている旅館。
広い庭と日本海が、旅館のすぐ前にあり、眺めは最高。
貸し切り露天風呂からの日本海の眺めも素晴らしい。
料理は、海鮮が主体。
おいしい魚を食べたい人には、バッチリ
関連記事はここ↓
日本海の眺めに尽きる。
流石に刺身は美味。
旅館にしては珍しく、生ビールがジョッキで出てくる。これは他にはあまりないサービスで、嬉しかった。

X
露天風呂が少し小さい。もう少し大きいとゆったりしていいんだけど。

☆ 佐渡グリーンホテルきらく(佐渡島)
IMG_0399.JPG
両津港から近い、加茂湖畔にある旅館。
フェリー乗り場に近く、便利な場所にある。
関連記事はここ↓
流石に魚は美味しい。
ここでも、ジョッキの生ビールがある。
X
建物が若干古い。
貸し切り露天風呂は、ロビーを出て道を渡らなければいけない。
部屋からの眺めは、加茂湖が見えるけど、あまり綺麗ではなかった(失礼)。

トミーが今後宿泊したい旅館
☆ 箱根 吟遊(宮ノ下温泉)
武蔵野別館に泊まったら、やっぱり次はここだよね。
☆ アルカナイズ(湯ヶ島)
トミーはオーベルジュにはあまり興味がないんだけど、ここは別。
☆ 別邸「海と森」(犬吠埼温泉)
太平洋に面したこの旅館からの眺めは、一度は体験してみたい。
☆ 白骨温泉
特別ここという旅館はないんだけど、風情はあるし、一度行ってみたい。
大きな露天風呂に入ってみたい。

もしほかに、みなさんのお勧めの旅館があったら、教えてください。参考にしたいと思います。

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。皆さんの情報で旅館大全ができます(そんなはずないけどね)。


カフェジュリア 復活!! [グルメ]

青りんごサワーさんの情報で、カフェジュリアが復活することが分かった。

詳しくはここ

昨年、カフェジュリアが閉鎖になってから、箱根のツーリングで寄る店があんまりなかったので、カフェジュリアが再開するのは、本当にうれしい!

9月中旬には再開するようなので、再開したら、みんなでツーリング行きたいね。

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。みんなでカフェジュリアに行けますよ~!


アストンオフ会 [アストンマーティン]

大黒PAで行われた、アストンオフ会に行ってきた。

オフ会と言っても3台なんだけど。

参加したのは、私トミー、こだわりさんとnanamiさんである。

10時過ぎにみんながそろった。(今回は、皆さんに、車のナンバー出しと顔出しの承認をもらいましたが、もし、問題のあるときには、連絡ください)。

nanamiさんとは初対面。

749C3587.JPG

749C3589.JPG

↑ 左から、トミーのDB9ヴォランテ、nanamiさんのV8ヴァンテージ、こだわりさんのDB9クーペ

209A3590.JPG

真ん中のnanamiさんのV8ヴァンテージは最初は黒だと思ったけど、よく見るとすごく深みのある、紺だった。

この色は、すごく良かった。

209A3585.JPG

今日は、みんカラで知り合った、車好き人間さんも、駆けつけてくれた。

749C3591.JPG

↑ 車好き人間さんのポルシェケイマン

749C3597.JPG

炎天下の中、みんなで立ち話。

1時間くらい話したところで、ランチに行くことにした。

目的地は、本牧のMoon Cafe。

749C3603.JPG

749C3614.JPG

↑ 左が、今回オフ会に来てくれたIさんのBMW 1M。珍しい車だ。

749C3616.JPG

店に入って、ランチを食べながら、また車談義。

749C3606.JPG

749C3608.JPG

時間が過ぎるのはあっという間だ。

また、みんなで会いましょうということで、解散。

短い時間だったけど、こだわりさん、nanamiさん、Iさん、車好き人間さん、皆さんありがとうございます。

またお会いしましょう。

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。またみんなで会えます。


アストンオフ会 [アストンマーティン]

アストンオフ会がいよいよ今週の土曜日におこなわれる。

と、言っても3台のオフ会なので、すごく少ない。
実際に、アストンのオーナーに会う機会は、少ないね。
というより、オーナーをあまり知らない。
過去にアストンのオーナーの方にお会いしたのは、まだ3人。

だから3台だけだけど、11日のオフ会は楽しみだ。

もしこのブログを見たアストンのオーナーの方、ドタ参歓迎ですので、連絡ください。
10時頃に大黒PAに集合して、11時過ぎくらいまでいると思います。
その後は山手の方に走りに行く予定です。

又見学も大歓迎です。
今回は、3台すべて違うアストンなので、興味がある方は是非大黒PAへ。

こういう交流も楽しみです。

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。 大黒PAが友人でいっぱいになります。(それじゃ、追い出されちゃうかも)


今日のシェリー [猫]

シェリーが、我が家に来てから、3週間近くが経つ。

体重も1.3Kgから2.2Kgに増えて、先住猫のメルや、フランもだいぶ慣れてきたようだ。

シェリーが近くにいても、あまり変化はなくなってきた。

P7260766.JPG

P7310773.JPG

P8040781.JPG

↑ これはフラン。貫禄が出てきたね。

P8040789.JPG

↑ シェリーとメル

P8040791.JPG

↑ 母親のベッドの上で、爆睡しているシェリー

にほんブログ 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。シェリーが喜びます。


メッセージを送る